書評・感想ブログ。
読書関連のコメント、トラックバック、相互リンクは大歓迎です。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ぼくは勉強ができない / 山田詠美 (文春文庫) | main |
怒り / 吉田修一 (中央公論社)

 原作を読む派か、原作を読まずに映画やアニメを観る派か、と問われれば「原作を読む派」である。漫画やアニメの実写化に反対意見の多い昨今であるが、「第三者がどうその世界を切り取るか」ということにのみ執着して観れば、そこそこにおもしろかったりする。それを楽しむためにも、原作を知っていないといけない。また、ある程度のネタバレはしてあった方が、作品が楽しめるということもある。原作は知っているであろうと踏まえた上での実写化なども多々あるので、気が抜けない。

 というわけで、本作も映画を劇場で観る前に原作を読むことにした。なにせ、予告編がおもしろそうだったのだ。原作がおもしろくないわけがない。

 

 本書は殺人事件の匂いのしない3人の人間と、その3人と何の因果か突然現れた正体不明の男(殺人事件の指名手配犯となんとなく似ている)との関わりが描かれている。

「犯人は!?誰なんだよー」とページを繰るのだが、めくってもめくっても、誰一人怪しくないし、全員怪しい。矛盾しているのだが、怪しいし、怪しいと思いたくないのだ。風俗店から逃げ出してきた漁港の愛子ちゃんの幸せを願いながらページをめくり、なにも信じられないでいるゲイの優馬が幸せに生活していけることを祈ったし、島の女子高生泉ちゃんが平穏無事に青春を終えることを願いながら読み進めていた。

「この中に、殺人犯がいるんだぞ?」とふと本来の目的を思い出したのは下巻に入ってからだ。みんな生活は一見、うまくいきそうに見えているのに、これから誰かの人生が転落してゆくのだなあ、と悲しくなった。殺人が起これば、被害者の人生は奪われることはもちろん、こうして犯人が逃げ、逃げた先で人間関係を築いていけば、その新たな人間たちもまた平穏が奪われてゆくのだ。

 「隣にいるこの男が犯人かも」と3人(および、その周囲の人間)が疑心暗鬼になり、苦悩する。「他人の空似であった」なんてオチだったらいいのになあと思うが、そんなことはないので、ご安心ください。
「でもさ、苦労した新聞配達少年が成長して遊び人になっちゃいけないって法はないよ。世間はほら、いつまでもそういう目で見るから、やっぱり不幸だった少年には不幸なままというか、実直で地道な人生を求めるだろうし、その方が傍目には感動的だろうけど、でも、そんなもんに付き合ってやる必要ないもんな」(上巻p.188)

 

 ドラマ『流星の絆』の「遺族が笑っちゃいけねーのかよ!」という次男の一言をいつまでも胸に残しているわたしらしい引用だった。感動を与えるとか、感動させてもらった、とかはたして感動とはなんなのか。わたしは「感動した」って言葉がそもそも大嫌いなのだ。

 ものすごく真剣に上下巻を一気に読んでしまって、読み終えてから貼ってある付箋がひとつしかなくて、「いや、もっとすごい会話とか文章とかあったはずなんだけど、もうちょっと話まるごと思い返したり、吉田さんのインタビュー記事読みたい」と思って、再読には至りませんでした。

 さて、映画はどんな風に物語が抽出されているのか楽しみです。

 

 

下記、アフィリエイトリンク ------------------------------------

「怒り(上)」吉田修一(amazon.co.jp)

「怒り(下)」吉田修一(amazon.co.jp)

怒り(上) [ 吉田修一 ]
怒り(下) [ 吉田修一 ]

 

 

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://yomyom19.jugem.jp/trackback/383
TRACKBACK