書評・感想ブログ。
読書関連のコメント、トラックバック、相互リンクは大歓迎です。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ランチのアッコちゃん / 柚木麻子 (双葉社) | main | 読書メーターまとめ(2015年7月) >>
読書メーターまとめ(2014年11月)
読書の秋だからというよりは、ティーンズ向け、児童書をよく読んだので冊数を意外と読んでいた11月。
「黒ねこサンゴロウ」シリーズは小学生の頃に読んだものなので、とても思い出深いです。
「DIVE!!」は「ハイ☆スピード」が買えなくて、「なんでもいいから水泳男子!」と思い手にしたものの、とてもハマってしまった作品です。1巻と4巻の感想の温度差よ。
そして現在、よしもとばななさんにハマっており、書架にあるものをとりあえず借りてきて読んでいます。

体は全部知っている (文春文庫)体は全部知っている (文春文庫)感想
「体を操っているのか、体に操られているのかどちらだろうね、」と考えるきっかけをくれたのは川上未映子さんだった気がするのだけど、そのひとつの答えになっているのがこの一冊な気がした。「おやじの味」がわかりやすくて好き
読了日:11月8日 著者:吉本ばなな

やまねこの島  (黒ねこサンゴロウ 3)やまねこの島 (黒ねこサンゴロウ 3)感想
悪い大人なので、擬人化してごろんごろん喜びながら読んでしまった。病院が苦手なサンゴロウさんかわいい。「おまえが元気ならそれでいいんだ」
読了日:11月10日 著者:竹下文子

DIVE!!(1) 前宙返り3回半抱え型DIVE!!(1) 前宙返り3回半抱え型感想
「いっぱい後悔して強くなれよ」という要一の言葉が好き。好きなことには苦痛が伴うというのもやはり川上未映子さんの受け売りなのだけど、そんな言葉がぴったりと重なるお話だった。飛込みという競技をきちんと見たことがないので、そんなに痛いのかとか、そんなに人口がいないのかとか、知ることが多々あり、そして、飛込みを生で観るにはどうすればいいのだろう。地元ではやってそうにない。
読了日:11月13日 著者:森絵都

DIVE!!(2) スワンダイブDIVE!!(2) スワンダイブ感想
「こうしてると、本当の友達みたいだね」という知季の言葉が個人競技のつらさやきつさを物語っていて印象的。沖津くんは無条件にかっこよくてずるいなあ。海にしか飛ばない男で、野性的で、そして鬱屈したものを抱えているだなんて、かっこいい。悪い大人なので、こっそり大島コーチと沖津くんが心を開きあっている様を楽しんています。
読了日:11月18日 著者:森絵都

子どもに語るイギリスの昔話子どもに語るイギリスの昔話感想
子どもに語ろうと思ったけど、思いのほかエグいグロいで、大人がひとりで楽しみました。「金の腕」「フォックス氏」は怖くて記憶に残っています。ほかの国の昔話も気になるところ。
読了日:11月20日 著者:

DIVE!!(3) SSスペシャル’99DIVE!!(3) SSスペシャル’99感想
要一くんは一巻から好きだったので、「ようやく要一くんの心の内が覗き込めるぜ!という気分。要一くんは不器用なのである。プライドが高くて、そのくせ弱くて、かっこいいんだけどかっこ悪い。後輩の飛び込みをみながら、「ベストを尽くして、すがすがしく散ってくれ!」と思う要一くん。一巻ではかっこいいだけだったけど(知季の目から見たらかっこいいだけなんだろうなあ)、弱さなどが描かれて、人間味がぐっと増したので(要一推しとしては)とても面白かった。しかし凄味の抜けた飛沫はかわいいなあ。
読了日:11月22日 著者:森絵都

デッドエンドの思い出デッドエンドの思い出
読了日:11月26日 著者:よしもとばなな



DIVE!!(4) コンクリートドラゴンDIVE!!(4) コンクリートドラゴン感想
最終巻でレイジくんの語りで物語が読めるとは思わなかった!知季、飛沫、要一の語りで物語を進めていくのは簡単だと思うけど、コーチ達の目線、夢敗れたレイジやサッチン、夢をもっていないヒロや恭子の目線が入ることで、物語の世界に深みが増していて、「3人みんなが成功しますように!あとキャメルもがんばれよ」とページを繰る。そしてわたしはやっぱり飛沫と大島コーチの気だるいやりとりが好きでした。
読了日:11月29日 著者:森絵都

2014年11月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:1671ページ
ナイス数:26ナイス

--------------------------------------------------


読書メーター
JUGEMテーマ:小説全般
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://yomyom19.jugem.jp/trackback/379
TRACKBACK