書評・感想ブログ。
読書関連のコメント、トラックバック、相互リンクは大歓迎です。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 夜は短し歩けよ乙女 / 森見登美彦 (角川書店) | main | 読書メーターまとめ(2014年11月) >>
ランチのアッコちゃん / 柚木麻子 (双葉社)
お昼休みが苦手だった。小学生のときから社会人になるまでずうっと。ご飯を食べたい気分でないのに無理やり何かを食べさせられる給食。「眠いーやるきしなーい」と言っているだけの高校生の昼休み。私生活をまったく知らない人々と過ごすアルバイト先での昼休み。寝るのも読書も許されている気がしなくて、休んでいるのかなんなのかわからない時間が昼休みだった。そんな昼休みの経験しかないわたしにはランチは愉快な気がしなく、本書の「ランチのアッコちゃん」というタイトルのもつ女子力アピールのようなものが怖かった。でも、表紙のお弁当がおいしそうだった。負けた。

ランチタイムの女王アッコさんは、昼休みにも休まない。身体を鍛え、様々な場所に出没しては人脈を広げ、常日頃向上心を絶やさない。そんなアッコさんと契約社員女子がランチタイムを入れ替え、「新しい私」と出会う短編集。
このままずるずるとアッコさんの凄さだけが語られるお話だったら疲れるなあと思っていたら、3話で語り部ががらりと変わり、「ご飯」を通して人間が描かれるお話になった。とても面白い。のだけれど、アッコさん(というか東京ポトフ)の登場が遠すぎたり、唐突過ぎたりして、「アッコさんの活躍に期待しないで読む方が面白かったー」というのが正直な感想。
コギャル時代を懐かしんでいるアラサー女子と風紀に厳しい教師のやりとりが面白くて好きだった。つい先日、高校時代の恩師とお酒を飲み、まったく同じようなことを言われたのを思い出す。
4話めのゆとり世代の起業もおもしろい。このお話を読み終えてから、本書のカバーに書かれていた「ビタミン小説」の意味をなんとなく理解する。うまくいえないけれど、無謀なことにもがんがんチャレンジしてみたくなる気分だ。

ランチではないけれど、おうちで食べるご飯をもっとちゃんと味わいたいなと思ったのであった。おうちで食べるお昼ごはんほどそっけないものはない気がしてきて、改めたい気分。


JUGEMテーマ:小説全般

下記、アフィリエイトリンク
--------------------------------------------------
(楽天ブックス)ランチのアッコちゃん [ 柚木麻子 ]
(楽天Kobo)ランチのアッコちゃん-【電子書籍】

(amazon)ランチのアッコちゃん 柚木麻子
(Kindle)ランチのアッコちゃん
 
 

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://yomyom19.jugem.jp/trackback/378
TRACKBACK