書評・感想ブログ。
読書関連のコメント、トラックバック、相互リンクは大歓迎です。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 伊藤くんAtoE / 柚木麻子 (幻冬舎) | main | ランチのアッコちゃん / 柚木麻子 (双葉社) >>
夜は短し歩けよ乙女 / 森見登美彦 (角川書店)

薄汚い青春の最中に立ちすくむ大学生が、じつは世界で一番清らかであるという真実はつねに無視される。


森見作品を読むようになってから、男子学生がかわいい存在に思えるようになった。
本書もくすぶる男子大学生が妄想と現実を行き来しながら、黒髪の乙女に恋するお話である。とにかく、この黒髪の乙女が魅力的な女性なのである。現実にいれば不思議ちゃんの部類なのだろうが、フィクションの世界では素敵なのである。
わたしが好きな乙女のシーンは文化祭でのワンシーンだ。鯉のぬいぐるみを担ぎ、像の尻を撫でる乙女。
この文化祭のお話はごたごたとしていてとても文化祭らしくて好きだ。韋駄天コタツにゲリラ演劇。憧れの大学生活といえば、佐々木倫子さんの漫画『動物のお医者さん』だったが、森見作品の大学生活もとてもいい。(休学していたり自棄になっていたりと苦しそうではあるが)
大学には何をしに通うのだろうな、と時々思う。すぐに「何のために」と考えてしまうのはよくないと思うのだけれど、考えてしまう。そして、自分の子供に何のために大学へ行って欲しいかなと考える。
本書を読んでひとつ答えが浮かんだ。どうでもいいことに一生懸命取り組む時間にしてほしい。バカみたいに何かに夢中になってほしい。社会人になれば、どうでもいいことを一生懸命する時間はない。たとえあったとしても空しさが募るはずだ。なので、本書の主人公は素敵だ。乙女のために、火鍋を食べたり、屋上から落ちたりする。大人になったらできないことの数々。いいなあ。今、学生である方々にはおおいに無駄な時間を楽しんでほしい。読書をしたり、映画をみたり、空想にふけったり、なんでもいいと思う。勉強するのもとてもいいと思うけど、学生時代って驚くほど勉強が楽しくないのは、なんでだろう。

この作品は、大学生の恋愛を描いたものなのだが、おおいにファンタジーである。読む人を選ぶのはそのためなのかもしれない。最終章では、町中が風邪の病に侵され、乙女がお見舞いに奔走する。渦巻く鯉、舞う乙女のラストシーンが素敵で、ぜひ映像で見てみたい。詭弁踊りも併せて見てみたい。

JUGEMテーマ:小説全般

下記、アフィリエイトリンク
--------------------------------------------------
(楽天ブックス)夜は短し歩けよ乙女 [ 森見登美彦 ]
(amazon)夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

(Kindle版)夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)
(楽天Kobo電子書籍)夜は短し歩けよ乙女-

(コミック全巻セット)夜は短し歩けよ乙女 琴音らんまる (漫画全巻専門店-IRIS- 楽天市場店)
(Kindle版コミック)夜は短し歩けよ乙女(1) (角川コミックス・エース)

 
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://yomyom19.jugem.jp/trackback/374
TRACKBACK