書評・感想ブログ。
読書関連のコメント、トラックバック、相互リンクは大歓迎です。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 魔法飛行 / 川上未映子 (中央公論新社) | main | 伊藤くんAtoE / 柚木麻子 (幻冬舎) >>
スロウハイツの神様 / 辻村深月 (講談社)

この子を、僕の文章が笑わせた。


学生時代、わたしの神様はMDウォークマンだった。ひとりになりたい時、その空間から姿を消したい時、音楽は瞬時に外界からわたしを切り離してくれた。そんな音楽を作ってくれていた人たちを神様だと思っていた。何かにすがりたい気持ちでいっぱいで、強がっていた学生時代を思い出して、必要以上に本書のキャラクター達に感情移入してしまった。
この神様について、とても多くを語りたいのだけれど、うまく語れない。どこをかいつまんでいいのかわからない。本書の中で、ケーキを手に入れた環がケーキを譲ってくれた店員に「自分の中にあるストーリーを知って欲しい」と語り尽くせない思いについて語るシーンがあるけれど、まさにそれと同じだ。その感情を持て余しているので、ブログを書いているといっても過言ではない。
作中でチヨダコーキが「この子、僕の文章が笑わせた」と語る所がある。わたしは本を出版したことはないけれど、ほんとうにこの一文に尽きるのではないかな、と思った。人生は簡単に変えられないけれど、日常を忘れさせて、物語の世界の中へいざなう。それだけのために、きっとクリエイターたちはものを生み出し続けているんだろうな。
そう思ったら、自信を持ってわたしは作品を受動し続けよう!と思うので、不思議。
 

存在感のある光の前には常に影が生まれる


この本を読もうと思ったのは、ほかにも理由がある。
読み返していた「黒子のバスケ」の主人公である黒子テツヤが読んでいたのである。(何巻か忘れちゃったけど)古典文学ならまだしも現代文学をわざわざ読ませる意図とは?と気になったのだ。
比較しなくてもわかるんだけれど、共通項が多くて驚く。
「存在感のある光の前には常に影が生まれる。その影が濃く、その闇が深ければ深いほど、光の明るさはより際立つ。」
この文章が一番ダイレクトに光と影について語っているのかな、と思うけれど、作中のカガミ姓の子をからかうために鏡を使った光を使ったいじめをするというエピソードを読むと、もう一声、黒バスの方にえぐいものを期待してしまう自分もいる。
黒バスのファンの方に読んで欲しいし、読んだら感想を書いて欲しいな、たくさん!と思っている。
 

いつか終わりが来て、それが来ない場合には、きっと形が変容していく


こういう何人かの人物が集まっているお話を読んでいると、自分も仲間に入っている気分で読んでしまうので、中盤からの「いつまでもみんなと一緒にはいられないね」という歯車が狂いだす瞬間がつらい。本書でも、とてもうまくいっている風だった正義とスーのカップルが破局するあたりから大きな転換が見え始め、わたしは無駄に動揺した。恋人の髪の毛を切るスーの設定が好きで、それを良しとしていた正義もすきで、ああ二人に幸あれと今も思っている。

JUGEMテーマ:小説全般

下記、アフィリエイトリンク
--------------------------------------------------

【楽天ブックス】スロウハイツの神様(上)
【楽天ブックス】スロウハイツの神様(下)

(Kindle版)スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)
(Kindle版)スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)

(amazon)スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)
(amazon)スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)

--------------------------------------------------
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://yomyom19.jugem.jp/trackback/372
TRACKBACK