書評・感想ブログ。
読書関連のコメント、トラックバック、相互リンクは大歓迎です。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 残り全部バケーション / 伊坂幸太郎 (集英社) | main | 魔法飛行 / 川上未映子 (中央公論新社) >>
ペンギン・ハイウェイ / 森見登美彦 (角川書店)
評価:
森見 登美彦
角川書店(角川グループパブリッシング)

これが自分を観察するということであろうか。


観察と研究と考察を繰り返す、抜きん出た小4男子アオヤマ君。彼の町に現れたペンギンの大群。どうやらそれに関与しているらしい歯科医院のお姉さん。アオヤマ君はお姉さんの研究をすることになる。

アオヤマ君は気難しい子なのかと思いきや、「おっぱいのことを考えれば怒りはおさまるよ」とぬけぬけと言う子供である。自分の世界をきちんと持っており、ペースを乱さない。いじめられても、淡々と研究を続ける。共感できるようなできないような不思議少年のアオヤマ君。彼の語りで物語は進む。
彼は賢いけれど、子供であるが故に、彼の中でお姉さんがどのような存在であるのかがわからない。そこがいじらしくてかわいい。お姉さんが体調を悪くすれば一緒に元気を失い、お姉さんが何も食べられなくなったら、自分も同じような体験をして分かち合おうとする。
中盤から、ともに研究をする仲間が増え、夏休みに突入する。基地を構え、定点観測などをする。夏休みの自由研究が苦痛でならなかった身としては、自主的に本格的な実験をしている彼らが末恐ろしい。しかし、本当に興味があることだったら、これくらいの熱心さで実験をするのだろうな、子供は。
 

「でも、世界には解決しないほうがいい問題もある」


すべてに結論・回答をつけて生きてきたアオヤマ君もペンギンの研究は行き止まる。そこで父が彼にこの言葉を投げかける。生きていると解決しないほうがいい問題、時間が解決する問題等々さまざまなものが生じる。そのさじ加減を知るということが大人になるということなのかなあとぼんやりと思う。

この物語は「アオヤマ君の初恋の物語」といってしまえばそれだけである。
それだけであるが、恋というものを認識したことがない小学四年生の男子がそれを理解するには、これだけの不可解な要素が必要で、そしてすべて終わってから彼は言う。「父さん、ぼくはお姉さんがたいへん好きだったんだね」
なんでもかんでも恋愛に結びつけてしまう下世話な大人になってしまったものよ、と自分を哀れんだ。
気持ちと言葉が結び付かないというのは、もどかしいけれど素敵なことなのかもしれない。


2011年本屋大賞第3位
第31回日本SF大賞

(Amazon)ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)
(Kindle)ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)
スポンサーサイト
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2014/10/11 07:16
COMMENT









Trackback URL
http://yomyom19.jugem.jp/trackback/369
TRACKBACK
「夜は短し歩けよ乙女」や「有頂天家族」など、一人称で独特の語り口を駆使して、面白くも不思議な世界を描き出す森見登美彦の『ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)』を読む。本作は2010年の第31回日本SF大賞を受賞している。 “日本で一番ノートを書く小学4年生”を自
『ペンギン・ハイウェイ』 | ブリットの休日 | 2014/10/11 06:47