書評・感想ブログ。
読書関連のコメント、トラックバック、相互リンクは大歓迎です。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ごはんぐるり / 西加奈子 (NHK出版) | main | 君がいない夜のごはん / 穂村弘 (NHK出版) >>
小学校入学前にことばの力をつける魔法の本棚 / 中島克治 (小学館)
 英語が苦手なわたしは、「国語ができなきゃ、英語も算数もできない」「日本語は大切にするべき」と念仏のように唱えている。本書が面白かったのも、根底にあるものが著者と合致したからなのではないかと思う。
 著者と娘さんの深い関わりが手に取るように分かるところも好きだ。

 

ことばに表す力は、社会で生き抜く力


 子供に限らず、人間は様々なことを考え、思い生きている。
 ただ、その考えをことばにする力を持っていないがために、「ヤバい」とか「感動した」としか表現できなかったりするのだ。友人と映画を観に行った時、「ヤバかったよね!」を連呼するので、何がどうヤバかったのかしつこくインタビューをしてみたことがある。
 喋り言葉だろうが、ネット上の書き込みだろうが、自分の考えを表すのは言葉だ。
 子供には言葉にする力を身につけて欲しいし、手助けしてやれるならそうしてやりたいと思う。
 息子は言葉を喋り始めるのが異常に早かった。しかし、何も考えずに話し出し突っかかる。なかなか自分の考えに見合った言葉が出てこず、「やっぱりなんでもない」と言う。「いい気持ち?悪い気持ち?」と聞いてみたりして、会話をしている。
 本書では、言葉の遅い子、早い子、様々な子供に合わせて読みやすいタイプの絵本を紹介している。ブックガイドとしても楽しめるし、図書館で絵本を予約する時に便利だ。

 

周囲に惑わされず「今を楽しむ」


 育児の基本って、結局これなんじゃないかとわたしは思うのだけど、どうなのだろう。
 褒めろとか躾けろとか感情的になるなとか色々読んだけれど、両親が楽しんで子供と一緒にいることがいちばんいいんじゃない?と思うし、そうしていきたい。(禁止事項ばっかり挙げられたら苦しいし。)
 著者によって様々だなと思うのが、テレビとの付き合い方。本書の著者は「1日30分、親もいっしょに」としている。わたしは心の中で即答する。「無理です」著者によって様々なのだから、各ご家庭にお任せしますと受け取っていいんだろうなと都合よく思うのだった。


 ほかにも、「読書感想文の書き方」「おすすめブックリスト」など、小学生になるまではもちろん、入学後も役立ちそうである。
 「情操教育にいいから絵本を楽しもう」とか「絵本を読んだ子は賢くなるから」といった、絵本を読むことに明確な理由付けをするのが苦手だ。わたしが読みたいから、子供に絵本を読んでやる。(むしろ、絵本を読むのに付き合わせる)体を使った遊びが得意なら、変に義務づけて絵本を読む必要もないのではないか、とわたしは思う。
 

(楽天ブックス)小学校入学前にことばの力をつける魔法の本棚
(アマゾン)小学校入学前にことばの力をつける魔法の本棚
ネットオフ 1,500円以上お買上げで送料無料!
1500円以上国内送料無料!ハイブリッド総合書店 honto
コミックも小説も、電子ブックならすぐ買える!すぐ読める!

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK