書評・感想ブログ。
読書関連のコメント、トラックバック、相互リンクは大歓迎です。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 王様は裸だと言った子供はその後どうなったか / 森達也 (集英社新書) | main | 「ほめ方」「叱り方」「しつけ方」に悩んだら読む本 / 若松亜紀,佐々木正美 (PHP研究所) >>
ささみみささめ / 長野まゆみ (筑摩書房)
 中学校の図書室の本の背表紙はどれもこれも日焼けしていて、「読みたい!」と思えるような状態ではなかった。
いつから書架にあるのか定かではない岩波新書、ネタが古過ぎる中学生日記、字が小さすぎて書体も古い全集。
推理小説はどれもこれも毒が染み込んでいそうだし、伝記は鞄にしのばせたら呪われそうだった。
 そんな中、書架で異彩を放っていたのが、長野まゆみさんの著作だった。日焼けしていない背表紙、綺麗な装丁。
本の内容など関係ない。読んでいる本が綺麗かそうでないか、が中学生だった頃の最重要事項だったのだ。
図書室にあった長野まゆみ作品はかなり読んだ。読んだが、内容はあまり覚えていない。文体が独特だったことと、中性的な少年が同性愛に落ちていく内容が多かったような……そうでないような……。

 そんなイメージで、本書「ささみみささめ」を手にしたので、懐かしいようなそうでないような不思議な気持ちであった。
少しぞくっとする短編25話ということで、すべて「少年愛を独特の文体で」描かれているのかと思ったら、まったく違うのだ。
物語を語るのは中年から年配の女性。どろどろとした昔年の記憶、嫉妬、諦観。はっとする展開、丁寧な情景描写。
25話もの短編が収録されているので、まとめて読むのも惜しいな、と思い、読書を始める前に1話。寝る前に1話とまとめて読まないようにして、1冊を堪能した。
中には、「スモモモモモモ」のように、中性的な少年のその後のようなお話も紛れており、「ああ、やっぱり長野さんか」とも思う。
うーん、でもだいぶイメージと違ったので、新しく好みの作家に出会ったような気がしてうれしい。
 なかでも気に入ったのは「きみは、もう若くない。」と「ここだけの話」。わたしは絵描きの話に弱い気がする。

(255p)
(楽天ブックス)ささみみささめ [ 長野まゆみ ]
(amazon)ささみみささめ
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK