書評・感想ブログ。
読書関連のコメント、トラックバック、相互リンクは大歓迎です。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 仙台ぐらし / 伊坂幸太郎 (荒蝦夷) | main | ぼくが愛したゴウスト / 打海文三 (中央公論新社) >>
3652 / 伊坂幸太郎 (新潮社)
伊坂幸太郎デビュー10周年記念のエッセイ集。
先日「仙台ぐらし」を読んでから、伊坂幸太郎のエッセイにハマってしまい、読んでみた。10年分のエッセイに準ずるもの……というか、物語でないものが詰まっている。
文庫版の解説だとか、普段目にすることのないマニアックな雑誌に掲載されたエッセイだとか、伊坂幸太郎マニアにはたまらない代物でございました。
しかも、教科書のように注釈で後日談や著者のツッコミなどもされており、伊坂幸太郎の姿がほんの少しだけ分かってしまうような気さえする1冊だった。
図書館で借りたものだが、あんまり返したくない気分になりつつあるので、買ってしまうかもしれない。


このエッセイ集で気に入ったのは、伊坂幸太郎が紹介する本(小説)が多かったこと。
日ごろ、作家が読む物語はどんなものなのか気になってやまないので、惜しげもなく披露されていると、読みたい本リストに本のタイトルをメモしてしまう。
わたしひとりでは出会わなかったであろう作家たちが一気にメモに集中してとても充実した時間を過ごした。(メモにしただけなのに。)
20冊ほど列挙したので、図書館で検索をする日々がまた始まりそうで、とても嬉しい。


そして、面白かったのは、伊坂幸太郎が語る父の話だ。妻の話もいい。
「痴漢は死ね」と語る父を描いていた本人らしい父親だ。なんだか作品とリンクしていてとてもいい。
伊坂幸太郎の奥さんも、作中に登場する女性たちの雰囲気をまとっていてとてもいい。


こんなに独特なエッセイが書けるのに「エッセイは苦手」と敬遠しているらしい。
もっと書いて、わたしを和ませて!!!


(251p) 





使わなくなった 本・ CD ・DVD・ゲーム は ネットオフにお売りください。 
漫画ならなんでもアーカ ムで買取します!

高価買 取のコツとは ? Vaboo

申込みから支払いま で最短4日、不要な本買い取ります
ビジネス書の 高価買 取 バリューブックス
古本、CD、DVD、ゲ ーム買取のもったいない本舗
『駿 河屋コミック』少女コミックが10円です!
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://yomyom19.jugem.jp/trackback/339
TRACKBACK
「喫茶店」で巻き起こる数々の奇跡、退職を決意したあの日のこと、「青春」の部屋の直筆間取り図、デビュー前のふたりの恩人、偏愛する本や映画に音楽、「干支」に怯える日々、恐るべき料理、封印された「小説...