書評・感想ブログ。
読書関連のコメント、トラックバック、相互リンクは大歓迎です。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< スプラウト / 南波あつこ (講談社) | main | 誰がスッピン見せるかよ / 幸田もも子 (集英社) >>
恋したがりのブルー / 藤原よしこ (小学館)
小学館系列の「ちょっとエッチな少女漫画」が苦手という、純情なオタク生活を送ってきたため、
いまだに小学館系列のマンガを読むとき、少しだけ尻込みをする。
(そのくせ、快感フレーズがバイブルだった中学時代送っているのだが。)

「恋したがりのブルー」を手にしたときも、今風のポエムが書かれた表紙にビクついた。
絵がシンプルだし、きっと読める!と自らを鼓舞し、読み始めたのだが、驚いた。

この漫画は、懐かしい匂いがする!!!
それも、折原みとや水沢めぐみ、柊あおいに通ずる懐かしさだ!

と、ひとりで興奮し、一気に読破。

初対面の男の子・陸に「彼女のフリをしてくれ!」と頼まれ、仕方なく引き受けた主人公の蒼。
「ニセの彼女」を演じながらも、徐々にふたりの距離は縮まっていく。
蒼の名前を初めて知った陸が、「好きな色だ!」と返すシーンで、鳥肌がたった。
「姫ちゃんのりぼん」(水沢めぐみ)の小林大地の爽やかさを思い出したのだ。
序盤でこんなに距離を縮めてしまっていいのだろうか、と今後の展開を予想していると、
案の定、陸の本当の想い人が登場する。

陸の想い人は、親友の彼女で蒼の友人でもある、美少女の清乃。
クールな美少女で、女子の輪に溶け込めずにいたので、蒼が初めての友人だ。
陸への想いは胸に秘めていたが、ある事件をきっかけに、陸への想いを吐露してしまい、
蒼と清乃の関係も蒼と陸の関係もこじれ始める。
「友人と同じ人を好きになる」という少女漫画の王道の設定ですが、
面白いか面白くないかはライバル役にかかっています。(大抵、主人公が奪って終わるし……)
絵に描いたような性格の悪い子でも盛り上がるけれど、やっぱり憎めないくらいいい子でないと!
その点、清乃は100点満点。いい子過ぎて、ライバルにならないくらいに。
同じような設定の漫画では、「星の瞳のシルエット」(柊あおい)が思い浮かぶが、
あの漫画のライバルは、悲劇のヒロインぶるタイプで、読んでいて好感を持てずにいたので、
今回のように、陸がどっちに転んでもおかしくないような展開はとても面白い。
清乃が主人公でも充分、連載できそうなくらいにいい子だったなあ。

そして、失恋した蒼をなぐさめるイケメン・海の登場!
なんとこの海は、清乃の元カレで、陸の親友でもあるのだ!!!
なんで少女漫画って、同じメンバーでぐるぐると恋愛をするんだろう……。
さすがにこの展開は「おおおおおい」と突っ込んでしまった。この感じが懐かしい少女漫画。
(「ママレード・ボーイ」(吉住渉)を思い出したくらいだ。)
この漫画でいちばんかわいそうな人は海に違いない、と断言できる。
清乃の本当に好きな人を知りながら、清乃と付き合っていた中学生時代……。
親友にフラれた蒼をなぐさめるために、「仮の彼氏」を買って出て、そしてやっぱりフラれる高校時代…。
イケメンに生まれているのに、恵まれない少女漫画もあるんだな。

そんなイケメンをさしおいて、モテていた陸は、現代風小林大地でとても楽しかった!
(二次元での初恋は小林大地だと思う26歳。)
中でも、清乃のお父さんに殴られるシーンはたまらなくかっこいい。
清乃が惚れるのも仕方ないなあと。
そう考えると海はただ優しいだけの男だったなあ…(まるで自分の男のように振り返ってみる。)

なにげに、タコちゃんとヨシダがいい感じになるんじゃないか、と疑っていたのに、描かれず残念!

(全6巻) 
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://yomyom19.jugem.jp/trackback/311
TRACKBACK