書評・感想ブログ。
読書関連のコメント、トラックバック、相互リンクは大歓迎です。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< セレモニー黒真珠 / 宮木あや子 (メディアファクトリー) | main | 幸福ロケット / 山本幸久 (ポプラ社) >>
子どもたちは夜と遊ぶ / 辻村深月 (講談社)
辻村深月さんの本は出版順に読もう!と心に誓ったので、デビュー2作めの「子どもたちは夜と遊ぶ」を読みました。

この本を避けていた理由は、「デビュー2作目だから」と「殺人ゲームの話は読みたくない」からです。

読み始めたら、殺人事件よりも、狐塚や月子、浅葱にスポットがあたって進んでゆくお話だったので、意外とするする読めました。
辻村深月さんの作品は、どれを読んでも、キャラクターが熱心に作りこまれていて好きです。
外見、性格、コンプレックスや癖、持ち物にまでこだわっていて、そして、名前がでてきた人すべてがどこかできちんと出番がある。(いい意味でも悪い意味でも。)
ちょっとマンガ的、おたく的な設定ではあるかもしれないけど、作りこまれた分だけのめり込めるので、わたしは好きです。

わたしは「ぼくのメジャースプーン」を先に読んでしまっていたので、人物たちがどうなるのか、うっすらと先が読めていて、存分に謎解きに参加できなかったのが悔やまれます……。
でも、どんでん返し(藍の正体じゃない方の)には「おおお!」と驚けたのでよかった!
ミステリー小説で驚けないなんてつまらないもんね!!


作中、秋先生が「ハエやアブラムシはなぜ殺していいのか」と問うシーンがあります。
「ぼくのメジャースプーン」では、そこに大々的にスポットがあたって、主人公の少年がひたすら考えてゆくのですが、わたしはまだ、うまく説明できません。

ほかにも、狐塚や月子や恭司がちらほらといいことを言っていたのですが、ピックアップしきれませんでした。
ちょっと説教くさいところも、キャラクターがキマりすぎているところも、二次元の世界で好きです。


このお話の中で、どうしても忘れられないエピソードがあります。
「θ」が殺人を犯しているときに電話から流れた「好きな女の子」の声を聞いたシーン。
救いようがなさすぎて、胸に突き刺さってしまいました。
帯やあらすじに書かれている「掛け違えた恋のボタン」の存在を忘れてしまうくらい「i」探しに没頭してしまったんですが、ゆっくり思い返してみると、「タイミング」「すれ違い」がもどかしすぎるお話です。
なにかがひとつ、うまくズレていれば、こんなに多くの人が死ぬことはなかったんだろうな……。
と、お話の中の世界なのに、胸を痛めてしまいます。


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK