書評・感想ブログ。
読書関連のコメント、トラックバック、相互リンクは大歓迎です。
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 名前探しの放課後 / 辻村 深月 (講談社) | main | ぼくのメジャースプーン / 辻村深月 (講談社) >>
不思議の扉 時をかける恋 / (角川書店)
今まで、「雑多に本を読んでいる」と思っていましたが、
最近、「わたしは、SFが好きなんじゃないか」と気がつきました。
読書記録をつけ始めて、5年も経った今、ようやく気がついたのかよ!っていう話。

なので、手始めに、「読みやすそうな恋愛SFがたくさん詰まった本」を。
わたしは読解力が乏しいので、
SFのからくり(特に時間旅行系)を理解するのに時間がかかります。

---------------------------------------------
「Calling You」 乙一
再読です。読んだのは、高校生の頃。
「頭の中の携帯電話で知り合った男女が恋をする悲しい話」
という記憶しかなかったのですが……。(やっぱり読解できてなかった様子。)

1時間前の世界のわたしと、現実のわたし という感覚がやっぱり難しい。

「頭の中で作り上げた携帯電話」が鳴る。会話ができる。
っていう世界が、「やっぱり乙一って面白いこと考えるよなー」と思いました。
上から目線で申し訳ないです。(なんか長い付き合いな気がしちゃって。)
乙一は、白派と黒派に分かれると思うんですが、わたしは黒派です。

『きみにしか聞こえない』所収


---------------------------------------------
「エアハート嬢の到着」 恩田陸
なにげに初めて恩田陸さんの小説を読みました。
恩田陸さんのお話が好きなら、辻村深月さんも好きでしょう
という暗黙のリレーがあるようなんですが、逆行してしまった……。まあいいや。
面白いもんは、面白いです。

このお話は、連作短編の1部なので、まったく全貌が見えてきませんが、
少女エリザベスは、時間旅行の途中で、
何度も運命の恋人エドワードに会っている様子。

どんな仕掛けがしてあるのか、わくわくしてしまいます。
エドワードが時間旅行中なのかな??どっちなんだろう。
「次に読む本は「ライオンハート」に決まりだな、しめしめ」と思っています。

『ライオンハート』所収


---------------------------------------------
「美亜へ贈る真珠」 梶尾真治
「航時機」という、時間を圧縮してしまう機械に乗った恋人。
彼は、たくさんの「現在」の記憶を持って、未来まで、航時機に保管される。
そんな彼を毎日、見つめる彼女……。

なんか切なかったです。
航時機っていう、すごいタイムマシンなのかと思いきや、ただの展示物です。
機械の中は時間が圧縮されているので、タイムマシンですが、
いわば、冷凍保存されている状態……。
それを「展示」しているのです。
なんかちょっと悪趣味。

今の人間が作れるタイムマシンって、こういうのなんだろうなあ。

『梶尾真治短編傑作選 ロマンチック篇』所収


---------------------------------------------
「机の中のラブレター」 ジャック・フィニイ
タイトルの如く、机の中でラブレターをやり取りするお話です。
過去の人と文通をしたことはないですが、
学校にあった美術室とか理科室の机の中に手紙を入れておいて、
名前も知らない「同じ机を使う人」と手紙を交換するのに似ています。
あのワクワク感を思い出してきたー!

『ゲイルズバーグの春を愛す』所収

---------------------------------------------
「眠り姫」 貴子潤一郎
授業中の居眠りがクセの彼女のあだ名は、「眠り姫」。
しかし、「眠り姫」の眠りグセはだんだんひどくなる一方。
ついには何日も目覚めなくなってしまい…。

身近な「あるある」から、徐々に拡大していくSFの世界。
「授業中の居眠り」なんて身近すぎて、ちょっと怖いです。

「次、いつ目覚められるか分からない」という恐怖。
言われてみれば、「目覚めよう」と思っても、目覚められないですよね、睡眠って。
人間って、睡魔に対しては無力です。
眠いときも我慢できないし、起きることも出来ない。

『眠り姫』所収

---------------------------------------------
「浦島さん」 太宰治
昔話として、日本人なら暗唱できる「浦島太郎」です。
たしかに、時を越えているけど、浦島太郎と乙姫は「恋」してたっけ??
「浦島さん」の亀は、まったく愚鈍ではなく、
むしろ嫌味なほど口が達者でした。
その亀が、いちいち面白い深いことを言うので、面白かったです。

「言葉というものは、生きている事の不安から、芽ばえて来たものじゃないですかね。」

亀って、深いこと言うよなー。

『お伽草子』所収
---------------------------------------------

わたしは、マンガにしろ小説にしろドラマにしろ、
恋愛ものに触れるときは、「片想い」の部分が大好きです。
(なので、フラレ役の子とかが大好きです。)
片想いのもどかしい感じが好きなんですが、
それがふんだんに味わえるのが、「SF×恋」だということに、今回のアンソロジーで気がつきました。
会えても一瞬、だとか、会いたくても時間が違う、とか、そういうどうしようもない壁があると、「はぁぁ」と一緒にため息をつきたくなってしまいます。


大森 望 編

(286p) 
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK