書評・感想ブログ。
読書関連のコメント、トラックバック、相互リンクは大歓迎です。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 八日目の蝉 / 角田 光代 (中央公論新社) | main | きんぴらふねふね / 石田 千 (平凡社) >>
インシテミル / 米澤 穂信 (文藝春秋)
時給1120百円 という誤植のような求人に集まった12人。
仕事は、24時間の観察対象になること。
地下にある「暗鬼館」という館に閉じ込められ、7日間を過ごさねばならない。
寝食をしていれば、あっさり大金を手にする事ができたはずなのに、なんとそこで殺人事件が勃発してしまい……!?


閉鎖された空間で1人が殺害されたことにより、疑心暗鬼が勃発して、神経をすり減らしていく11人……の描写がゾクゾクするほど怖かったです。
一人一人に薄気味悪い文章とともに、武器が配布されており、「いつ誰が襲ってくるか分からない」という状況……。
怖くて怖くて、一気読みしてしまいました。

殺人事件を観察するために集められた12人。
よって、誰かが犯人で誰かが探偵で、誰かがワトスンになります。
それがコロコロ変わり、人間らしく派閥に分かれたりして、窮地に追い込まれた人間ってこんな風になっちゃうのかあ……と、謎解き以外の部分が楽しめます。

ミステリを読み慣れていないので、「メモランダム」に書かれていた作品が全く分からず、ちょっと損した感じが否めませんが……。

犯人は?トリックは?と探りながら読まずに、「いつ殺されるんだろう」、「こんな夜を過ごしたくないなあ」とか暗鬼館の主人への嫌悪感などで読み進めていたので、終盤の終盤はちょっと失速してしまいましたが、充分すぎる恐怖を味わいました。

あーー怖かった。
(と言いつつ、またミステリを読もうとしているのはなぜだ)

映画化するようですが、須和名さんが綾瀬はるかさんですよね??
わーぴったりだー!とニヤニヤしながら読んでしまいました。
映画で観るなら、絶対に真っ暗な映画館で観た方が面白そうです。

(447p)

インシテミル クローズド・サークル 本格ミステリ大賞 このミステリーがすごい
スポンサーサイト
みぃみさん☆
うわ!やってみたい!!
……けど、あんな目に遭うのはごめんです(笑)

一瞬、出会い系のコメントかと思ってしまいました^^

映画、豪華キャストだし楽しみですね!
ゆこ | 2010/09/14 13:54
こんにちは(^^)。おじゃまします。

先程、ネットニュースで本当に時給11万2000円のアルバイト募集の記事を見ました。

。。。って、怪しいですよね。すみませんm(_ _)m。

実は、映画版「インシテミル」のPRスタッフさんを募集なんだそうです。面白いなぁと思いました。

びっくり!すると同時に、映画鑑賞への期待が高まっています☆。

みぃみ | 2010/09/14 13:28
みぃみさん☆
コメントありがとうございます。

怖いんだけど、好奇心があっさり勝ってしまうので、
ミステリって怖いです><
ゆこ | 2010/09/12 17:35
はじめまして(^^)。
トラックバック&コメント、ありがとうございました<(_ _)>。

結城がメモを見つけ、ボーナスの発表があったあたりから、怖さと好奇心でドキドキしながら読み進めました。

あっさりとどんでん返しのストーリー、本当に面白かったです。

須和名さんの綾瀬さんを観に、映画館へ足を運ぶつもりです☆。
みぃみ | 2010/07/08 17:13
COMMENT









Trackback URL
http://yomyom19.jugem.jp/trackback/254
TRACKBACK
平成22年7月6日(火)&#63647;。 本:「インシテミル」。 著者:米澤穂信 【ストーリー】 コンビニでアルバイト雑誌をめくっていた結城理久彦は、品のある可愛らしい女性須和名祥子に話しかけられ、一緒に読んだ情報誌に、「1週間の短期アルバイト:時給
本:「インシテミル」♪。 | ☆みぃみの日々徒然日記☆ | 2010/07/06 12:03
装幀は関口信介。装画は西島大介。書き下ろし。 車がほしい大学生・結城理久彦は高給の怪しげな実験モニターに応募。 選ばれた男女12人は...
インシテミル 米澤穂信 | 粋な提案 | 2010/03/30 01:07
「米澤穂信(よねざわほのぶ)」著作品についての感想をトラックバックで募集しています。 *作品: 古典部シリーズ、小市民シリーズ、S&Rシリーズ、犬はどこだ、インシテミル、さよなら妖精、ボトルネック、春期限定いちごタルト事件、夏季限定トロピカルパフェ事件、
「米澤穂信」の感想 | 読書感想トラックバックセンター | 2010/03/12 10:57