書評・感想ブログ。
読書関連のコメント、トラックバック、相互リンクは大歓迎です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 僕の初恋をキミに捧ぐ / 青木 琴美 (小学館) | main | 天使なんかじゃない / 矢沢 あい (集英社) >>
侍ダーリン / 春田 なな (集英社)
女子校に通う亜実子は、出会いを求めて、他校の文化祭に潜入!
しかし、カッコイイ男の子は、カノジョもち。
現実を前に落ち込んでいた亜実子の前に現れたのは、侍の格好をした男の子!


おおおー”りぼん”の少女マンガ!という感じです。
出会い→付き合う→前カノに嫉妬→ケンカ→仲直り
という王道のストーリーです。
大人になってから読むと、「前カノに嫉妬」とか「前カノは美人」という設定に、
「いやいや、気にしすぎだろ」とツッコミせざるをえないのが悲しいです。


同時収録されていた
「XXなお年頃」のほうが、王道ぽくなくて面白かったです。
「キスしたいなんて気持ち悪い!」という瀬野さんが、
「何もしない」ことを条件に、男子と付き合うことになるお話なんですが、
(まあこれも、ありがちといえば、ありがち?)
きっぱりした態度から、だんだん変わってゆく瀬野さんがかわいいんです。
描いてる本人が「ギャー!恥ずかしい!」というのは、
なんだか手に取るようにわかります……。この手のネタってね。


恥ずかしくて、素直にやさしくできない幼馴染の「透明少女」も面白かったです。
思春期のツンデレ男子って、かわいいですよね^^
(きもちのわるい発言ですね。)


【収録作品】
侍ダーリン
透明少女
XXなお年頃

(全1巻)
JUGEMテーマ:漫画/アニメ
 
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://yomyom19.jugem.jp/trackback/218
TRACKBACK