書評・感想ブログ。
読書関連のコメント、トラックバック、相互リンクは大歓迎です。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< チルドレン / 伊坂幸太郎 (講談社) | main | トリツカレ男 / いしいしんじ >>
アヒルと鴨のコインロッカー / 伊坂幸太郎 (東京創元社)
引っ越したばかりのアパートの隣人に「本屋を襲わないか」と突然誘われ、
モデルガンを片手に裏口の前で見張る主人公。
歌を歌い終えたら、戸を2度蹴る。その繰り返し。小説か映画の主人公のような気分になりながら、長身で悪魔を彷彿とさせる隣人との数日前の出会いを思い出す。

この、隣人の河崎というキャラクターがとてもいいんです。
言われたら、論理っぽく受け返すか、小説や詩の引用を持ち出す。
実際にいたら、すんげームカつきそうだけど。
この作家の小説にはこの手のキャラがよく出てくるのですが、毎回かっこいい役所に配置されています。黒澤だとか陣内だとか、河崎だとか。
一回、論議対決させてみたいよね。すんごい疲れそうだけど。

読み終わってから、タイトルの意味を理解しました。
読み終えて、パタンと本を閉じて、表紙を見て「ああ!」と思うのは、とてもいい瞬間です。
スポンサーサイト
まるちょこさん☆
あの作品に出ていた人が、ここにも!?
という楽しみが、こっそり隠されているのが伊坂さんの作品の面白いところの1つなのです!
ゆっくり味わって読んでください(^ω^)
ゆこ | 2009/02/10 17:45
こんばんわ〜^^
出版順がオススメなんですか〜
だんだん作風が変わって来たりとかしてるのかな?
アドバイスありがとです☆
なんだか読むのが余計楽しみになってきました。
まるちょこ | 2009/02/09 01:21
まるちょこさん☆
伊坂さん、大好きなのです。
お話も面白いし、人物も素敵で!
伊坂さんの本を読むなら、出版順をおすすめします(^ω^)
ゆこ | 2009/02/04 13:03
伊坂さんの作品をたくさん読まれていますね!
私は最近ハマりはじめたので、書評がとっても参考になります^^
「アヒルと鴨〜」は、“読み終えて、パタンと本を閉じて、表紙を見て「ああ!」”・・・と本当に思いました。
この記事を読んで、うんうんとうなずくことばかりです。
私も読書ブログのようなものをやっているので参考になります^^
またじっくり読みに来させてもらいます〜!
まるちょこ | 2009/02/04 12:43
COMMENT









Trackback URL
http://yomyom19.jugem.jp/trackback/19
TRACKBACK