書評・感想ブログ。
読書関連のコメント、トラックバック、相互リンクは大歓迎です。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スロウハイツの神様 / 辻村深月 (講談社)

この子を、僕の文章が笑わせた。


学生時代、わたしの神様はMDウォークマンだった。ひとりになりたい時、その空間から姿を消したい時、音楽は瞬時に外界からわたしを切り離してくれた。そんな音楽を作ってくれていた人たちを神様だと思っていた。何かにすがりたい気持ちでいっぱいで、強がっていた学生時代を思い出して、必要以上に本書のキャラクター達に感情移入してしまった。
この神様について、とても多くを語りたいのだけれど、うまく語れない。どこをかいつまんでいいのかわからない。本書の中で、ケーキを手に入れた環がケーキを譲ってくれた店員に「自分の中にあるストーリーを知って欲しい」と語り尽くせない思いについて語るシーンがあるけれど、まさにそれと同じだ。その感情を持て余しているので、ブログを書いているといっても過言ではない。
作中でチヨダコーキが「この子、僕の文章が笑わせた」と語る所がある。わたしは本を出版したことはないけれど、ほんとうにこの一文に尽きるのではないかな、と思った。人生は簡単に変えられないけれど、日常を忘れさせて、物語の世界の中へいざなう。それだけのために、きっとクリエイターたちはものを生み出し続けているんだろうな。
そう思ったら、自信を持ってわたしは作品を受動し続けよう!と思うので、不思議。
 

存在感のある光の前には常に影が生まれる


この本を読もうと思ったのは、ほかにも理由がある。
読み返していた「黒子のバスケ」の主人公である黒子テツヤが読んでいたのである。(何巻か忘れちゃったけど)古典文学ならまだしも現代文学をわざわざ読ませる意図とは?と気になったのだ。
比較しなくてもわかるんだけれど、共通項が多くて驚く。
「存在感のある光の前には常に影が生まれる。その影が濃く、その闇が深ければ深いほど、光の明るさはより際立つ。」
この文章が一番ダイレクトに光と影について語っているのかな、と思うけれど、作中のカガミ姓の子をからかうために鏡を使った光を使ったいじめをするというエピソードを読むと、もう一声、黒バスの方にえぐいものを期待してしまう自分もいる。
黒バスのファンの方に読んで欲しいし、読んだら感想を書いて欲しいな、たくさん!と思っている。
 

いつか終わりが来て、それが来ない場合には、きっと形が変容していく


こういう何人かの人物が集まっているお話を読んでいると、自分も仲間に入っている気分で読んでしまうので、中盤からの「いつまでもみんなと一緒にはいられないね」という歯車が狂いだす瞬間がつらい。本書でも、とてもうまくいっている風だった正義とスーのカップルが破局するあたりから大きな転換が見え始め、わたしは無駄に動揺した。恋人の髪の毛を切るスーの設定が好きで、それを良しとしていた正義もすきで、ああ二人に幸あれと今も思っている。

JUGEMテーマ:小説全般

下記、アフィリエイトリンク
--------------------------------------------------

【楽天ブックス】スロウハイツの神様(上)
【楽天ブックス】スロウハイツの神様(下)

(Kindle版)スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)
(Kindle版)スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)

(amazon)スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)
(amazon)スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)

--------------------------------------------------
涼宮ハルヒの憂鬱 / 谷川流 (角川書店)
CSでアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」を放送していたので、観てしまった。
そして、原作未読ということに気がつき、「ラノベ10タイトル読破」の目標を掲げる身としては、読まないわけにもいくまな、と思い、図書館で貸出。
ハルヒはいいラノベなので、図書館にあってもいいと思いますよ。
(いや、ほんと、ラノベの選書基準って難しいと思う。)



「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上」。

このセリフを自称オタクで知らない人はいないんじゃないだろうか。
原作未読、アニメも観てない状態でも知ってたぞ、っていうほど、ハルヒは流行っていたのだ。
で、表紙の絵から察するに、美少女と主人公が宇宙人や(以下略)に身を狙われて、ちょっとお色気シーンもあったりで、 いわゆるラノベなんだろ?とうがった見方をしていたのですが。
読み進めるたびに、切ない。
アニメ観続けるたびに、切ない。

毎日が退屈で憂鬱な涼宮ハルヒは、SOS団という同好会を設立し、宇宙人や(以下略)に遭遇して、いっしょに遊ぼう!と目論むのである。
常識的な涼宮さんは、本能でなんとなくわかっている。そんなものは存在しないであろうことを。
そこがなんだか切なくて、空しくて、苦しい。
いないことはわかってるけど、すがりたいくらい、現実から逃げたいのだろうな。とか、それでも自分でなんとかしないと何も変わらない!と立ち上がっちゃうところとか。
かわいいじゃないか。
続編の「エンドレスエイト」や「笹の葉ラプソディ」をアニメで観ているので、余計にハルヒの切なる思いが切なく感じる。
わたしもこんな風に、全力で高校生を愉しめばよかった。



そして、SOS団を構成するメンバーの大半(3名だが)が、宇宙人や(以下略)だったのことにより、物語は展開していく。
宇宙人同士のバトルや、時をかけている少女や、異次元で戦うエスパー少年など様々なものがライトにてんこ盛りで、とっつきやすい。
小難しいSFはよくわかんないので、これくらいがちょうどいい。



ちなみに今、ラノベ10タイトル読破!は5/10まできました。あと半分!


使わなくなった 本・ CD ・DVD・ゲーム は ネットオフにお売りください。 
漫画ならなんでもアーカ ムで買取します!

高価買 取のコツとは ? Vaboo

申込みから支払いま で最短4日、不要な本買い取ります
ビジネス書の 高価買 取 バリューブックス
古本、CD、DVD、ゲ ーム買取のもったいない本舗
『駿 河屋コミック』少女コミックが10円です!
バトル・ロワイアル (太田出版) / 高見広春

 わたしは、この作品がすきなのである。
出版されたときがちょうど、中学3年生だった。
クラスではあまりうまくいっていなくてクラスメイトにムカつくんだけど「ムカつく」という自分が自分で許せないような、内気な15歳だった。
バトロワにハマってしまう要素は充分にあったと思う。


あれから10年ほど経って、人は人自分は自分と割り切れる大人になり、子どもを生んで自分の子どもに友だちが出来始めた時、わたしはもう学生に戻れないことをようやく実感した。
「まま、まま」って言って離れないくせに、同年代の友だちの前では気丈に振舞う2歳の息子をみて、わたしはすごく切なくなった。
そして、自分もこの間まで「親うざい」と思っていた学生だったことを思い出して、中学生の頃ってどんな感じだったんだろう、と考えてみた。自分は、中学の頃から何一つ成長していないつもりだったから、「思い出す」ということに違和感を感じるが。
中学生の頃の自分のキーワードのひとつが、「バトロワ」だ。


中学3年生の一クラスをピックアップし、クラスメイト同士でバトルロワイアルという名の殺し合いをさせるというのが本書の概要である。
この作品では、城岩中学3年B組の七原秋也たちの戦いが描かれる。



城岩中学3年B組は、派手なメンツがそろったクラスではあるが、きちんと地味な子たちがいる。
当時中学3年生だったわたしは、それが嬉しかった。りぼんの少女マンガばかり読んでいた冴えない女子にとって、江藤恵の存在が嬉しかった。
バトロワは、相馬光子や桐山和雄など、行動派の人物がいないと進まない。端役の殺され役が、各自がそれぞれきちんと描かれていて、さまざまな人物に入り込んでゆける。
当時、相馬光子にあっさりと殺される江藤恵に想いを馳せ、勇敢に戦い散った千草貴子に熱くなった。
今回、再読して面白かったのは、もちろん灯台での女子グループの決壊だ。
女子グループのヒエラルキー、女子たちの探りあい等々の女子同士の見えない争いが意外にリアルなのだ。
いつもと違うグループの子と殺人ゲームで一緒に時間を過ごすというのはどういう気持ちだろう…、本当に信じられるだろうか、、等、学生時代から遠のいた今もするりと物語に入り込める。
灯台でのヒエラルキーの中間層の女子たちの争いも面白いが、相馬光子対千草貴子のトップ女子同士の抗争や、相馬光子率いる不良女子グループの結束力のなさも見所である。
そして、主人公・七原秋也にただひたすら守られているヒロイン中川典子だ。
彼女は、往来のマンガのヒロインである「顔はいまいちで大人しいが、気立てがよく、笑顔がかわいい」という要素の人物だ。
クラスメイトの女子たちが、銃を乱射し、鎌1つで男子に立ち向かう中、七原と川田に守られている。
中川典子に関しては、再読するまではほとんど記憶に残っていなかったのも無理はない。(映画の前田亜季ちゃんの方が強く印象に残っていた。)
親友が好きだった女の子、中川。ただそれだけの理由で、七原は最後まで中川を守る決意をする。このふたりが最後まで描かれるわけだが、早々にリタイアした女子たちは、どんな面持ちで中川を見つめるのだろうか。
女子は、面白い。



読んでいて楽しくはない物語であるので、当時はとても問題視された。(映画の放映に至っては国会で議論されていたらしい。)
もちろん、学校でも家でも、こっそりと隠れるようにして「バトロワ」を読んだ。
だが、10年経った今、”殺人ゲーム”という単語を含む物語があふれている。
「慣れ」って恐ろしいな、と思わずにはいられない。





(映画化)
【送料無料】バトル・ロワイアル(DVD)
(マンガ化)
【楽天ポイント3倍】バトル・ロワイアル (1-15巻 全巻)漫画全巻セット【中古本】【中古】afb





使わなくなった 本・ CD ・DVD・ゲーム は ネットオフにお売りください。 
漫画ならなんでもアーカ ムで買取します!

高価買 取のコツとは ? Vaboo

申込みから支払いま で最短4日、不要な本買い取ります
ビジネス書の 高価買 取 バリューブックス
古本、CD、DVD、ゲ ーム買取のもったいない本舗
『駿 河屋コミック』少女コミックが10円です!

子どもたちは夜と遊ぶ / 辻村深月 (講談社)
辻村深月さんの本は出版順に読もう!と心に誓ったので、デビュー2作めの「子どもたちは夜と遊ぶ」を読みました。

この本を避けていた理由は、「デビュー2作目だから」と「殺人ゲームの話は読みたくない」からです。

読み始めたら、殺人事件よりも、狐塚や月子、浅葱にスポットがあたって進んでゆくお話だったので、意外とするする読めました。
辻村深月さんの作品は、どれを読んでも、キャラクターが熱心に作りこまれていて好きです。
外見、性格、コンプレックスや癖、持ち物にまでこだわっていて、そして、名前がでてきた人すべてがどこかできちんと出番がある。(いい意味でも悪い意味でも。)
ちょっとマンガ的、おたく的な設定ではあるかもしれないけど、作りこまれた分だけのめり込めるので、わたしは好きです。

わたしは「ぼくのメジャースプーン」を先に読んでしまっていたので、人物たちがどうなるのか、うっすらと先が読めていて、存分に謎解きに参加できなかったのが悔やまれます……。
でも、どんでん返し(藍の正体じゃない方の)には「おおお!」と驚けたのでよかった!
ミステリー小説で驚けないなんてつまらないもんね!!


作中、秋先生が「ハエやアブラムシはなぜ殺していいのか」と問うシーンがあります。
「ぼくのメジャースプーン」では、そこに大々的にスポットがあたって、主人公の少年がひたすら考えてゆくのですが、わたしはまだ、うまく説明できません。

ほかにも、狐塚や月子や恭司がちらほらといいことを言っていたのですが、ピックアップしきれませんでした。
ちょっと説教くさいところも、キャラクターがキマりすぎているところも、二次元の世界で好きです。


このお話の中で、どうしても忘れられないエピソードがあります。
「θ」が殺人を犯しているときに電話から流れた「好きな女の子」の声を聞いたシーン。
救いようがなさすぎて、胸に突き刺さってしまいました。
帯やあらすじに書かれている「掛け違えた恋のボタン」の存在を忘れてしまうくらい「i」探しに没頭してしまったんですが、ゆっくり思い返してみると、「タイミング」「すれ違い」がもどかしすぎるお話です。
なにかがひとつ、うまくズレていれば、こんなに多くの人が死ぬことはなかったんだろうな……。
と、お話の中の世界なのに、胸を痛めてしまいます。


ぼくのメジャースプーン / 辻村深月 (講談社)
人に罰を与えるのはむずかしい。
痛い目に遭わせたり、苦しい目に遭わせることは簡単なのに、罰を与え罪を償わせ反省させることはとても難しいのだ。
これまで、「罪を償え!」と他人に叫べるほど激怒したことがなかったので、こんなにじっくりと考えることはなかったので、この本を読んで考えることができてよかった。

主人公の少年は、心を壊してしまった友人のために、”ウサギ殺し”の犯人への罰を考える。
少年は、ある超能力が使えるので、どんな内容であろうと犯人に一度だけ罰を与えることが出来るのだ。
犯人に与えるべき罰とは何か。
一編をとおして、少年はただそれだけを考えている。
このお話を読んだ人は、誰しもみんな、少年といっしょに罰を考えたはずだ。
「ウサギと同じ目に遭いたくなかったら、自分で死になさい」
「ウサギと同じ目に遭いたくなかったら、二度と家から外に出るな」等々。
もっと感情を前面に出せばいいのに、主人公の少年はとても紳士的。

このお話は、悪意に小学生たちが踏み潰されるシーンから始まる。
「誰かが困っていることを喜ぶ」という悪意はいつどこで学ぶのだろう、と作中の先生の話を読んで思った。
それを少年にどう理解させるのか。
子どもに知って欲しくない世界がたくさんある。知らないでいて欲しい感情もたくさんある。
読んでいて、目をつむりたくなるような、胸がぎゅっとするシーンが多々あった。


そして、作中何度も触れられる命の種類と重さについての話。
「ゴキブリやアブラムシは殺していい」でも、
「蝶やクワガタは殺してはいけない」その違いは何か。
食べるために殺す、毛皮をはぐために殺す。
でも、ペットは殺してはいけない。
その違いは、頭では分かってはいるが、言葉で説明するのがすごく難しい。
また、その線引きはいつ成されたのかも気になるところだ。

わたしは近い将来、子どもに聞かれたら、うまく話すことができるだろうか。

軽い気持ちで読み始めた本だったが、思いのほか、たくさんのことを考えました。
読書感想文にもってこい!な本じゃないかな、と思います。

(337p)  辻村深月 メフィスト賞 読書感想文