書評・感想ブログ。
読書関連のコメント、トラックバック、相互リンクは大歓迎です。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

だから俺にしなよ / 水瀬藍 (小学館)
毎回毎回、少コミ系少女マンガを酷評しているのに、なぜいつも手にとってしまうのか。
好きなんだよな。きっと。強引な男が。
という自分の嫌な部分に目をつむり、今回もまたフラれる男の子が拝めそうなタイトルのマンガをひとつ。

「確か、種村有菜のアシスタントだった人だよなあ」と思いつつ読んでいたのだが、
出版が集英社でなく小学館だったので、記憶違いかなと思ったけれど、
絵柄もデフォ絵も構図も何もかも種村有菜風だったので、確信しながら読んでいた。
種村有菜のマンガはあまり読まなかったけれど、「だから俺にしなよ」を読んでいて、
ホームグランドの香りを感じたので、やっぱり有菜っちマンガもホームなんだと実感した。
水瀬さんの絵は、有菜っちよりもやわらかくて読みやすい。
たいして読んでこなかったのに、画面をみて「種村だなー」と思うあたり、
やはり種村有菜はすごいのか。


さて、「だから俺にしなよ」のお話に戻りますが。
なかなかバイオレンスで、小学館の少女マンガらしかった!むしろ嬉しかったくらい。

主人公の幼馴染が、暴走族のヘッド。
そして、転校先の暴走族のヘッドに気に入られる主人公。
主人公をめぐって、ヘッド同士が対決!

要するに女をめぐった番長合戦なわけだが、
キラキラした絵柄で要所要所にちょいエロシーンがあったりして、きちんと現代リメイクされている。
幼馴染はかわいいワンコ系、転校先のヘッドは黒髪で冷静、強引な男子なので、
読んでいる身としてはどっちに転んでもニヤニヤとできる設定。
「だから俺にしなよ」「だから俺にしろよ」「俺にしてよ」といった感じで、
二人に思われる主人公の気持ちになって読めば楽しさ倍増!である。

しかし、暴走族のヘッドって今でも女の子の憧れなんだろうか。
(わたしが中学生だった頃は、憧れていたよ!暴走族のヘッド!)

結果的に、幼馴染くんがフラれるわけだが、フラれてさようならーで、フェードアウトせず、
最後の最後まで、主人公との思い出が語られて、最後にきゅんとして終わって感動!
そこに至るまで、レイプ未遂や交通事故、などなど派手で疲れる展開だったのも忘れるくらい読後感がよかった。
フラれる側もすこしは報われないと寂しいし、フラれるだけで終わりだと捨て駒過ぎて可愛そうだし。
水瀬さんは、普段は「純愛」を書いているそうなので、他作品も気になるところ。

この歳でこのマンガを読むわたしがいけないんだが、
エロシーンに入る前の男の子のセリフが恥ずかしくてついていけない。
(「一晩中、泣かせてやるよ」というような乙女ゲーなセリフ)
言われてみたい気もするが、冷静に3次元の一般人に言われてもキモいだけだな、と思い至った。
だから、BL読むんだよね、エロに夢を見続けたい女は。

(全2巻)
3月の第2ボタン / 水沢めぐみ (集英社)
初めて買った漫画が「姫ちゃんのりぼん」4巻だったのを今でも覚えている。
あの時、姫ちゃんに出会っていなければ、
漫画家を志すことも、こんなに漫画ばかり読む日々を送ることも、 こんなに目が悪くなることもなかったんだろうな、と思うと、感慨深い。

しかし、水沢めぐみの漫画とは、りぼん卒業と同時にお別れをしてしまったので、
今作は、15年ぶりの水沢めぐみ漫画だった。
15年は長かった……。恋に恋していた少女は、気がつけば一児の母なのだ。
だがしかし、変わらぬ水沢めぐみの世界観。鳥肌がたった。

少女漫画は、ページを眺めているだけで、いつ頃書かれたものなのか分かるものが多い。
舞台が現在なので、着ている服装や会話の内容、小物のデザインなどでわかる。
そして、絵柄やコマ割、枠線やトーンにも時代が反映されている。

水沢めぐみの絵は、姫ちゃんのりぼんの最終巻からあまり変わった感じはしなかった。
扱っているテーマも「第2ボタン」や「幼馴染」という、15年前とさして変わらぬ内容。
けれども、間違いなく、舞台は2010年に読んで遜色ない現在だ。
わたしのホーム的存在の水沢めぐみ漫画の世界が変わっていなくて、とても嬉しかった。


表題作は、タイトルの通り、「第2ボタン」をめぐってあれこれするお話。
わたしは、年下の男の子との恋愛を描いた「1月のメリーゴーラウンド」が好きだった。
少女漫画で、男の子が年下って珍しいから!
しかも、紳士な年下男子って萌える!!水沢めぐみの絵だとさらにきゅんとする!
という理由から。
小学生のお話も、水沢めぐみらしい人のいいお話で、ほっとする。
嫌味のないお話、毒のない展開でも物足りなくないので嬉しい。
(わたしは性格が悪いので、あまりにいい話すぎるとつまらなくなってくるのだ。)

もし娘がいて、少女漫画を買い与えるようになったら、わたしもいっしょに読みたいが、
水沢めぐみが1本連載をやっていたら、迷わずその雑誌にするのになあと思っている。
今のりぼんは、親がいっしょになって楽しめる展開のものが少ないと思うのだ。
(今の、と偉そうに語ったが、最後に買ったのは2009年だったので……また変わったよね)


【収録作品】
1月のメリーゴーラウンド
3月の第2ボタン
女の子はゲンキ!!
バスケットガール!!

(全1巻)
おもいで金平糖 / 持田あき (集英社)
-----------------------------------------------

あまなつ屋の金平糖。
ひとつぶ口にふくめば、昔の夢をみせてくれる。
そんな噂の金平糖をめぐる、連作短編集。

------------------------------------------------

金平糖を食べた現代の子たちが、過去へタイムスリップをする連作短編集。
今のりぼんを代表する作家さんだけあって、どのお話も短いけれど笑わせたり泣かせたり、きゅっとエピソードが詰まっていて、読みやすかったです。
恋愛が絡んだお話は少なくて、恋愛が絡んでいても「好き」「嫌い」だけに収まっていなくて、大人でも楽しめる少女漫画でした。(主婦でも、っていうの?)
絵柄も読みやすい…!!わたしはこれくらいが限界。

1話めに収録されていた、なくなったお兄ちゃんのお話で、かなり心をわしづかみされました。
金平糖でタイムスリップして、こういうことをするお話なのかあ、って、「これからどんなお話が入ってるんだろ!わくわく!」みたいな。
(このお話って、わくわくするような内容でもなかったんですが。お兄ちゃん死んじゃうし…。)

2話めは、昔の自分に会いに行くお話。
いちばん少女漫画っぽくて、安心して読めたお話。こういうのを待っていたぜ!みたいな。
期待通りの展開+αって感じで、「少女漫画はこうでなくっちゃ!」と熱くなりました。
過去の自分とか、好きになったきっかけ、とか、見ているとほわほわしてきます。

読んでいて一番新鮮な気持ちになったのは、3話めの先生とのお話です。
少女漫画に初老の男性が出てくること自体、なんだか新鮮!!!

4話めの「肉じゃが」のエピソードにほろりとしました。
こんな娘、かわいいね。

持田あきさんを作家読みしたいなあ、となんとなく思っていたけれども、
本気で作家読みしてこよう!とかたく胸に誓いました。

わたしは、なんだかんだいって、りぼんの漫画家さんが好きです。

(全1巻) 
ロイヤルストレート / 持田 あき (集英社)
ずっと「読んでみたいな」と思っていたりぼん作家のひとり、持田あきさん。
槙ようこさんの実妹らしい!姉妹で漫画家!羨ましいです。



日本とドイツのハーフのカレン。
16歳の誕生日プレゼントに、憧れの日本へ行くことに!
運命の相手に出会うことを期待するカレンの前に現れたのは、
愛想の悪い同居人だったが!?



正直に言って、表題作は、☆1つです。
主人公が、ドイツ人と日本人のハーフである必要性が分からないし、
素直でいい子で、おせっかいで、金持ちで、金髪で碧眼で……という、
夢設定なヒロインに、嫌気がさしてしまったほど、共感できませんでした。

オチもイマイチだったなあ……。
ここは、真琴からエアメールが届くシーンで終わりにして欲しかったです。
現実味がさっぱりないお話で、「りぼん、劣化しちゃったなあ」と思ってしまった。

だけど、なんでこの単行本が☆3つ評価かというと、
同時に収録されている読みきり2本が、よかったからです。

--------------------------------------------------------------------

思ったことを上手く言えなくて、自分に自信がもてない女の子と
明るくて人懐っこいチカ先輩とのお話の「あなたに恋してわたしは」が、
すっごくよかった!んです

梅の花に積もっている雪を見て、
「あの雪 どけてあげられないかな」なんて思うヒロインがカワイイ!

先輩と関わるようになって、少しずつ変わっていくヒロインがカワイイ!

っていうか、チカ先輩がかわいい!!!

最後の卒業式の「巣立ちの歌」を歌ったことがあるので、
余計に、きゅんとしました。

絶叫告白はやりすぎなような気もしたけど、まあいっか!

チカ先輩がかわいすぎて、このふたりの行く末が気になって仕方ないです^^

------------------------------------------------------------------

「ブルーリボン」のスピンオフという「お砂糖づけのミス・ハニー」は、
画面全体もカワイイし、キャラクターもかわいいし、小物もかわいかったです。

最後の最後の1コマの洋ちゃんがかわいかった。
(さっきから、かわいいしか言ってないな、わたし……。)

洋ちゃんみたいな「ソツなくこなす」タイプの少女マンガの男子って、
今まで、なんとも思ったことがなかったんですが、(テニプリでいうと不二みたいな。)
この洋ちゃんで、新たなタイプに目覚めた気がします。
かわいいね、中学生って。

今度は、「ブルーリボン」を読んでみたいと思います。


【収録作品】
ロイヤルストレート
あなたに恋してわたしは
お砂糖づけのミス・ハニー

(全1巻)
僕らの部屋から花咲く世界 / 松下 キック (エンターブレイン)
表紙がいい感じだったので、ついふらっと買ってしまった短編集。
たぶん同人出身だろうなーと思ったら、ビンゴ!でした。
でも、この作品集は、BLではなかったので、感想載せておきます。

いわゆる少女漫画は、十中八九、恋愛をしているんですが、
BL及びBL未満の作品って、恋愛をしていないものも多く、
「さて、ジャンル分けするならば、どこだ?」と悩んでしまいます。
この作品集も「ジャンル分け不可」でした。

この作品集の中では、「Double」というお話が好きです。

どうしても試験を受けなければいけない日に風邪をひいた双子の兄。
仕方なく兄に扮して学校へ行くと、
いつもの兄からは想像もつかないキャラだったようで、驚く弟。
双子のはずなのに、兄の知らない部分が多すぎて弟はあ焦ってしまい…?

こういうもやもやした男子が好きです。
そして、そういうことを言っている間は、BLを楽しめるんだろうなあと思います。
双子でほんとうに入れ違いしても、バレないのかなあ…?
はじめは見分けつかないけど、1ヶ月くらい同じクラスだったら見分けつきますよね?
同性の双子って、楽しそうだけど、疲れちゃう部分も多そうです

どの作品も、主人公の気持ちとかを、分かりかけるんだけれど、
いまいち入り込めないまま1冊が終わってしまい、残念でした

【収録作品】
ユアマイサンシャイン
箱庭エブリディ
世界はつづく!
おなじほしのした
Double

(全1巻)
JUGEMテーマ:漫画/アニメ